10/30(水)桑名にて開催【無料】三重県主催」経営者向けIoTハンズオン講座

令和元年が三重県のIoT元年に!是非、御社も!

このチャンスを掴むことで、5年後が変わる!

令和元年、今年度三重県では、県内中小企業経営者層等を対象とし、ハンズオン支援を中心とした IoT関連機器の利活用に関する講座を開催します。
参加された企業内でのIoT導入に向けた機運を醸成するとともにIoT利活用に向けた 契機とすることを通じて、県内中小企業等のIoTを活用した産業活性化を目指します。

このような経営者様へ

  • そろそろ次世代へと承継したいと考えている
  • IoT化、IcT化は興味があるが、どこから手を付けていいか分からない
  • IoT化を進めているのでアドバイスが欲しい

対象事業所

三重県地域活性化雇用創造プロジェクト(第2期)賛助会の会員
(一般会員、参加費無料)
※賛助会の対象業種及び入会方法は下記URLをご確認ください。
http://www.miesc.or.jp/chipro/supporter.html

豪華な講師陣による講演+IoTハンズオン講座

実際にICT化、IoT化を進め、企業を成長させた実績のある企業経営者の話を聞き、実際に会社見学ができる貴重な機会と、そのような企業を支援している講師の話を聞きながら、ハンズオン講座を受けることで自社で活用するヒントを掴んでいただきます。

3種類のIoTハンズオン講座を提供

講演+IoTハンズオン

  • 10/30(水)
    鳥羽商船高等専門学校江崎教授

講演+会社見学+
IoTハンズオン

  • 11/7(木)
    (株)コムデック様
  • 1/15(水)
    (株)浅井農園様

出張IoTハンズオン

3組を公募し、三重県内へ出張します。
募集締切:10月18日(金)
出張:11月から1月末

トータルコーディネーター

ネットワーク&セキュリティの専門家
シスコシステムズ合同会社
公共システムズエンジニアリング
SEマネージャ 福田秀幸氏

国内IT企業を経て2004年にシスコシステムズへ入社。東海北陸地域で公共のお客様を中心にネットワーク、セキュリティ、コラボレーション製品等を活用し、ヒト、モノ、コトをつなぎ、ユーザーの働き方、暮らしを変えるインフラを提供している。2013年に三重県で発足した「みえICTを活用した産業活性化推進協議会」の運営に参画し、それ以降様々な協議会で活動の幅を広げ、三重県のIT化、人材育成、地方共創を推進中。

10/30(水) IT人材×一次産業のIoT化
鳥羽商船 江崎教授講演会+ハンズオン講座

水産業・農業×IoT=新製品・学生起業コンテスト
全国のITコンテストで常にトップクラスの人材が鳥羽に!

ものづくり企業の社長向け
〜若い人材獲得のための「身の丈IoT化」~

鳥羽商船高等専門学校
情報機械システム工学科
江崎修央教授

三重県鳥羽市出身。 1998年、母校である鳥羽商船高等専門学校に着任し、主に情報システムが導入されていない領域へのシステム構築・運用に関する研究に取り組む。近年では、三重県の1次産業支援として、害獣檻の遠隔監視・操作システム「まる見えホカクン」の開発に携わり、全国で300機程度を導入。また、マダイなどを対象とした海面養殖業の人工知能給餌の研究に取り組んでいる。趣味は釣り、スキー。バレーボール部の顧問。

【開催日時】10月30日(水)
【 開催時間】13:00~16:00(12:45 受付開始)
【開催場所】NTNシティホール(桑名市) 三重県桑名市中央町3丁目20
【講師】鳥羽商船高等専門学校 江崎修央教授
【講座内容】
「全国高等専門学校第29回プログラミングコンテスト」(通称=プロコン)で3年連続の文部科学大臣賞・最優秀賞を受賞し、世界大会へ出場したチーム『ezaki-lab』の実力を明らかにしていただきます。
【タイムスケジュール】
13:00~ 県担当課様ご挨拶 
13:05~ 福田氏 「令和元年を御社のIoT元年にするために」
13:10~ 江崎教授講演
・学生たちの学びの状況と、進学及び就職状況の紹介
・漁業や林業の「身の丈IoT化」の紹介とモノづくり企業へのヒント
・ICT化、IoT化を進めるためのIT人材採用に必要な準備
14:30~ 質疑応答
14:50~ 休憩
15:00~ ハンズオン講座
・ICT罠(ダミー)の遠隔操作体験
・スマホの加速度センサー活用体験
16:00 閉会
【参加費用】無料
【対象者】三重県内企業の経営者及び従業員
【定員】 講座:30名 ハンズオン講座:10名程度 (先着順)  

参加を希望する方は、下記のページのフォームに入力の上送信をお願いします。
【ハンズオン講座参加資格】三重県内に事業所がある企業の経営者層(決裁権がある方)+現場担当者
【参加申込締切】それぞれの講座の4日前

11/7(木) 中小企業のICT化(DX)
コムデック様会社訪問生田専務講演会+ハンズオン講座

【講演】+【IT企業訪問】+【ハンズオン】
IoTの前にICT化されたオフィスを体感しよう!

自社+クライアントのICT化で分かった経営者の知識

(株)コムデック 
専務取締役 生田智之氏

1983年、奈良県出身。 2008年のコムデック入社を機に、地域企業の業務管理システムの開発、プロジェクトマネジメントに取り組むと共に、地域で必要とされるITを研究してきた。 現在では、その経験を活かし、地域企業向けのITコンサルティングを通じて、各社の業務の効率化、業務付加価値向を実現するクラウドサービスの導入と定着支援を行っている。

【日時】 11月7日(木)
【時間】 13:30~16:30(13:00 受付開始)
【場所】 (株)コムデック様 会議室(伊勢市) 三重県伊勢市小木町484-1
【講師】 (株)コムデック 専務取締役 生田智之氏
【講演内容】
伊勢で多くの中小企業のICT化を促進してきた立役者が感じている「経営者に必要なIT知識と素養」についてのお話を聞きます 。
【タイムスケジュール】
13:30~ 県担当課様ご挨拶 
13:35~ 福田氏 「令和元年を御社のIoT元年にするために」
13:50~ 生田専務講演
・自社で取り組んだICT化の流れとその成果、社内見学
・中小企業がICTを活用して具体的に生産性を向上した事例紹介
・社内でのICT導入・活用に関する経営者等としての留意事項の解説
15:00~ 質疑応答 (事前ヒアリングシートによる回答も含む)
15:20~ 休憩
15:30~ ハンズオン講座
・顧客データベースを活用したIoT体験
・クラウドサービスと社内機器との連携
16:30 閉会
【参加費用】無料
【対象者】三重県内企業の経営者
【定員】10名程度 (先着順)

参加を希望する方は、下記のページのフォームに入力の上送信をお願いします。
【定員】10名(原則先着順)
【参加資格】三重県内に事業所がある企業の経営者
【参加申込締切】それぞれの講座の4日前

 

1/15(水) 農業×IT×ダイバーシティ
浅井農園会社訪問 浅井社長講演会+ハンズオン講座

【講演】+【農業ベンチャー企業訪問】+【ハンズオン】  
花木の生産・卸から第2創業、農業ベンチャーの現場へ潜入

事業承継の決意とIT化への決断、そして未来へ。

(株)浅井農園
代表取締役 浅井雄一郎氏

大学卒業後、経営コンサルティング会社等を経て、三重県津市にある家業(花木生産)を継承し、第二創業として2008年よりミニトマトの生産を開始。
品種開発~生産管理~加工流通まで独自の農業バリューチェーンを構築しながら生産規模拡大に取り組み、国内トップクラスの農業生産法人に成長。
農業経営の傍ら、三重大学大学院においてトマトのゲノム育種研究に取り組み、博士号を取得。農作業者ではなく「Agronomist(農学士)」の育成に取り組み、「常に現場を科学する研究開発型の農業カンパニー」を目指す。
2013年に辻製油および三井物産との合弁会社「うれし野アグリ」、2018年にデンソーとの合弁会社「アグリッド」を設立し、農商工連携により次世代型農業のモデル構築に挑戦している。

【開催日時】 2020年1月15日(水)
【開催時間】 13:30~17:00(13:00 受付開始)
【開催場所】 (株)浅井農園様 会議室(津市)   三重県津市高野尾町4951
【講師】 (株)浅井農園 代表取締役 浅井雄一郎氏
【講演内容】
日本の農業界の期待を背負う経営者として注目を集める浅井社長に、ご講演いただくと共に、IoT化されたハウス栽培を見学しながら、経営戦略についてのお話を聞きます 。
【タイムスケジュール】
13:30~ 県担当課様ご挨拶 
13:35~ 福田氏 「令和元年を御社のIoT元年にするために」
13:50~ 浅井社長講演
・事業承継から現在までの経緯
・自社で行ったIT、IoT化の流れとIoT化に必要なこと
・今後の経営戦略
15:00~ 質疑応答 (事前ヒアリングシートによる回答も含む)
15:20~ 休憩
15:30~ ハンズオン講座
17:00 閉会
【参加費用】無料
【対象者】三重県内企業の経営者
【定員】10名程度 (先着順 )

講座参加申込について

参加を希望する方は、下記のページのフォームに入力の上送信をお願いします。
【定員】10名(原則先着順)
※10/30(水)鳥羽商船江崎教授の講演のみ参加される方の定員:30名
※複数日参加可能。定員オーバーした場合はご相談させていただく場合あり。
【参加資格】三重県内に事業所がある企業の経営者
【参加申込締切】それぞれの講座の4日前

経営者向け出張IoTハンズオン講座(3組限定)

【開催時間】13:30~16:00(想定)
【開催場所】ご依頼に合わせ三重県内に出張
【講師】
株式会社ナチュラルスタイル 代表 松田優一氏
シスコシステムズ合同会社
 公共システムズエンジニアリングSEマネージャ 福田秀幸氏 
株式会社サンエル 執行役副社長 南治輝氏
【講演内容】
・そもそもIoTとは?
・IoTはどんな課題を解決するか?
・IoTがもたらす効果と実例
・IoT導入のステップと経営者が知るべきIoTのチェックポイント
・ハンズオン実践(音感センサーが業務改善にもたらす効果)・質疑応答
・自社課題の発表~講師からのアドバイス
【参加費用】無料
【対象者】三重県内企業の経営者
【定員】10名程度の講座

出張IoTハンズオン講座担当講師

(株)ナチュラルスタイル 
代表 松田優一氏

福井高専電気工学科を卒業後、福井大学工学部、同大学院を経て、 ITベンチャー企業へ就職。2006年、29歳で『株式会社ナチュラル スタイル』を立ち上げ、 「まずやってみよう」を信条とし、世の 中にない数々のソフトウエアを生み出す。 世界と比較して極端に遅れている日本の子供プログラミング教育の 環境を憂い、2014年にPCN(プログラミングクラブネットワーク) を設立。以降、初心者向けに開発されたこども用プログラミング専 用パソコン「IchigoJam」を携え「すべてのこどもたちにプログラ ミングを」をテーマに世界各国を奔走中!
・株式会社ナチュラルスタイル代表
・一般社団法人プログラミングクラブネットワーク代表

(株)サンエル 
執行役副社長 南治輝氏

三重高校出身。東京外国語大学卒業。 大学卒業後、日立製作所に入社。システムコンサルタントとして業務に従事。 2004年、株式会社CELL入社。ミニゲーム制作でモバゲータウンの立ち上げに参画。大手キャリアのUI制作のプロジェクトなどに携わり、2006年執行役員に就任。 2008年株式会社ORSO取締役・事業責任者に就任。大型ウェブゲームの開発など会社の立ち上げを成功させる。 2010年三重県松阪市にて株式会社サンエルを立ち上げ。